山行中の飲酒
 山でのアルコール摂取は、山小屋やテント等で飲酒後歩くことが無い場合
適量だと心・循環系を刺激して、体を温め気分を高揚させ、疲労を感じなくなるが、
量を超すと、中枢神経をまひさせ、その結果、思考能力が減退し、正しい判断が
出来なくなり、アルコールが醒めるに従って体熟が奪われ、疲労と寒気に襲われ
て動けなくなる。
 ましてや、飲酒後の歩行は厳禁である。万が一事故が有った場合個人の責任
にでは済まされない。

 アルコール分の解消には、7時間を要するといわれている。
 安全山行のためにも、お互いに適量に自制すること。

 また、公共の乗り物、宿泊施設での暴飲やその結果の言動は会の品性を疑わ
れかねないので慎むべきだ。

 特にマイカー運転者の山行中の飲酒は、厳に慎むこと。
 ある有名山岳会では、同乗者の飲酒も禁じているケースもある。