個人山行紀行文 11.04.24(日)
強風と濃霧
二王子岳・1420m 参加者・単独
2084 S/S

≪コースタイム≫
 参道手前路上650〜二王子神社720〜一王子神社830〜定高山920〜山頂小屋(1050-1230)
 二王子神社1400〜車止め1420=まんだらの里温泉

 今年初めての二王子さまです。前の日の五剣谷岳が悪天候で中止になり、休養日に取っていた日曜日でしたが、真夜中の天気予報では早めに回復しそうなので、早朝に出かけました。

 途中の棚田の畦にふきのとうがたくさんありました。参道をすぎるとすぐに路上にデブリが現れ、
4WD+スタドレスで突破を試みましたが無理でした。参道手前の広くなった路上に駐車、すでに先行車が1台、すぐに後続車が2台到着です。

御淨橋

 二王子神社まで、昔懐かしい「御淨橋」を渡り、石段(石の坂)を登って二王子神社に到着です。参拝をすませ、壺足で登山開始です。一合目をすぎても沢筋の雪の状態がグサグサで面白くないので、左側の尾根にコースをとったのですが雪が全く無く、泣く泣く一王子神社まで大っきらいな藪漕ぎでした。
 が、尾根筋にでたらイワウチワの大群生や、椿やまんさくの花に見とれながら、一王子神社に到着。水芭蕉はまだ雪の下のようです。
 ここからはまったくの冬山、先行者はカンジキの跡を残していましたが私はスパイク付長靴で
一日を過ごしました。

二王子神社 御浄橋から神社への石段 定高山のパンザマスト

 定高山でのパンザマストの降雪表示目盛は2.5mでした。後は、雪山の特権で稜線まで油こぼしも直登、直登で通過。稜線にでたら、まだこの時は避難小屋は見えたのですが、強風でさすがのshinsamaもヤッケをはおり頂上に到着です。先行者は休憩も取らず、下山して行きました。

 飯豊の写真が撮りたくて避難小屋で昼食がてら待機をしていたのですが、天気は悪くなるばかり。お客さまも増えてきたので撮影は諦めて、下山開始です。
 すごい強風・農務で稜線上の単管の目印がお役にたちました。後は、グリセード・尻セードで一気に温泉まで直行でした。下界は晴れていてお山の天気が嘘のようでした。          (おわり)